FC2ブログ

いえからでたくない。

外、出ないとダメですか?くだらないことテキトーにメモってます。
いえからでたくない。 TOP  >  本・ラノベ

しないことリスト pha



作者は自称「ニート」
疲れたときに読むとそれで良いんだ、、、と心が落ち着くかもしれない本
共感できる所をかい摘んで読むのがいいかと
ただ作者本人が割りとエリートなので人によっては違和感を感じることも・・・・
そこは気にしないほうがいいかもしれない・・・
スポンサーサイト



[ 2017/09/03 12:49 ] 本・ラノベ | TB(0) | CM(0)

時をかけるゆとり 朝井リョウ



出だしからうんこの話で始まるあたりゆとり感、満載のエッセイ。
年表にそってお馬鹿な話が展開されていき最後には泣ける話が・・・なんてことは一切ない。
ちょっと息抜きしたいときにはピッタリのエッセイだ。
[ 2017/07/24 22:06 ] 本・ラノベ | TB(0) | CM(0)

野村證券 第2事業法人部 横尾宣政

野村證券第2事業法人部
野村證券第2事業法人部


2011年に起こったオリンパスの粉飾決算事件での指南役だったとして逮捕された著者の野村證券時代の話から独立、そして事件にどのように巻き込まれるに至ったのかを記した内容となっており当時のノルマ証券と揶揄された野村内の社風や先輩、同僚たちのエピソードなどが書かれており金融などに興味がない人でも面白いと思えるのでは無いかと思います。
それにしても前半の野村證券時代の話は時代もあるのでしょうが証券会社のエグさが良く分かる(笑)
そして出てくる人物が著者含め?なかなかの強者ばかり(出てきた人の半分ぐらいが逮捕されてるようが気がするのは気のせいだろうか・・・・(笑))
説明も図を使ったり砕いてあるので知識がそれほどなくてもドンドン読み進めていける内容となっているので思わず夜中に一気に読み進めてしまい朝起きるのが辛いです・・・・
著者は現在、上告中ということですが実際どうだったのかはさておきぜひ野村證券という会社の社風、オリンパスがどのようにしてあの事件への道を進んだかを知るには面白い本だと思います。
[ 2017/05/04 12:39 ] 本・ラノベ | TB(0) | CM(0)

フルメタル・パニック! アナザー7

フルメタル・パニック!  アナザー7 (富士見ファンタジア文庫)フルメタル・パニック! アナザー7 (富士見ファンタジア文庫)
大黒 尚人,賀東 招二,四季 童子,海老川 兼武

KADOKAWA/富士見書房
売り上げランキング : 73

Amazonで詳しく見る

前回、ついに人を初めて殺したタツヤですがこの巻ではタツヤよりも引き金を引くことができなかった菊乃の方に焦点が当った内容になっています
そして始まる新たな戦いの前哨戦?ともいえる場に
新たな機体、3.4号機が登場
パイロットはなんと・・・
そしてタツヤ自身もパワーアップした1号機に乗りミハイロフを圧倒
AS乗りとして急激な成長を見せ敵味方共に驚かせます

前巻ラストでタツヤたちを助けたロニーがTTに宛てた手紙が今後どう関わってくるのか

彼女たちミスリルメンバーは登場するのか気になります
[ 2014/01/26 22:35 ] 本・ラノベ | TB(0) | CM(0)

デュラララ!!×13

デュラララ!!×13 (電撃文庫)デュラララ!!×13 (電撃文庫)
成田良悟,ヤスダスズヒト

KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
売り上げランキング : 256

Amazonで詳しく見る

デュラララ!!、一章完結、っといったところで
ダラーズ周りの帝人たち三人の話がこの巻でひとまず決着
1巻のころからは想像つかないぐらいに変わってしまった帝人が何を思いどう動くのか
そしてそんな友達を助けようと足掻く正臣と杏里

その裏で暗躍する人々
そんな中、決着を付けようと殺しあうイザヤとしずちゃん
本気で殺しあう二人の間には誰も入り込む余地は無く
二人とも自分は人間だと思っているでしょうがまさに化け物同士の殺し合い

全ての決着の舞台は帝人の日常が非日常へと変わった場所

ダラーズはどうなるのか帝人を連れ戻せるのか
どんな終わり方をするのかワクワクしながら読み進めていました

そしてデュラララ第2章は13巻から2年がになるとのこと
主役のセルティは出てくるでしょうが
今までのキャラたちはどうなるのでしょうか
出てきてもちょい役かな?さびしいようなでも楽しみな新章はいつでるのかな?
[ 2014/01/23 16:45 ] 本・ラノベ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

かわず

Author:かわず
にわかですがマンガとかアニメとか好きです。
相互リンクしてくれる方いたらお願いします。

私の好きな物
<
カウンター